政府による緊急事態宣言を受けてatelier Blue Magicの今後の営業についてのお知らせ


 日頃より、atelier Blue Magicをご利用いただき、誠にありがとうございます。

 本日、2020年4月7日に政府より緊急事態宣言が発令されました。

今回の特措法では、鉄道や道路を強制的に止めることはできず「海外で見られるような都市封鎖(ロックダウン)を行うものではない」とされております。日本において現行法では、海外の様な法的拘束力はありません。

実際に東京都や大阪府も都市封鎖を否定しており、経済・社会活動は可能な限り維持されることになります。

 東京都においては、昨日の段階で休業を要請する施設について「理髪店」は含まれておりましたが、記者からの質問においても、これはあくまで案であり、今後どうなるか検討されるとされておりました。

そして本日、内閣より理美容業に関しては「いずれも国民の安定的な生活を営む上で必要だと考えている。」「美容室はそもそも対象に入っていないし、加えることは考えていない」とされ、営業自粛要請の対象外とされました。

 東京都としては、現在詳細について国と協議しており、要請発令は9日までに行うとのことで、状況が変わる可能性はございますが、休業を要請する施設については国と話し合いながら検討しいくということで、内閣が理美容業は含まないと発言している以上、東京都においても理美容業は自粛対象には含まれないのではないかと考えております。


 併せて美容組合からの最新の通知では「私達の役目は、お客様の不安な気持ちを少しでも軽くして差し上げられることではないでしょうか。鬱々としている毎日の中で、ヘアースタイルを変えて気分一新さっぱりとしてあげられるのも私達です」とあり、また今後の営業について「休業」については言及されておらず、引き続き感染症対策を強化し、営業時間の変更や予約管理等を徹底して営業するようにとの案内がありました。


Blue Magicにおいても、全スタッフが美容師はお客様の容姿を美しく整える事が仕事であり、使命でもあると考えております。


様々なご意見があるかと存じますが、現状もお客様から需要があり、今後も需要が無くならない以上、Blue Magicでは、引き続き感染症対策を徹底したうえで、営業は続けて参る所存でございます。


 従業員については、身の安全性についても充分考慮した上で、緊急事態宣言が解除されるまでの間は、出勤の強要は事せず、任意で休暇を取得可能とする対応を取っております。

 

 また現在、お客様同士のソーシャルディスタンス(2m)を常時確保出来る予約の承り方、滞在時間が大幅に短縮出来るヘアカラー、トリートメントの導入、ご自宅で簡単に生え際や分け目の白髪がカバーできる商品、施術時のマスク着用が可能になるストラップゴムのお貸出サービス等、様々な取り組みを準備しており、近日中にお客様にお知らせする予定でございます。

 

 先が見えない状況の中、不安が募る日々かと存じますが、少しでもご来店いただいたお客様の心が少しでも晴れるような施術やサービスを提供できるよう、努力して参ります。


今後ともatelier Blue Magicを何卒、よろしくお願い申し上げます。


atelier Blue Magic


© 2013 Magic Enterprise.inc All Rights Reserved.